適切な治療で治る病気|うつ病は薬で治療可能!精神科や心療内科を受診しておこう

うつ病は薬で治療可能!精神科や心療内科を受診しておこう

適切な治療で治る病気

医薬品

日々進化している治療法

うつ病の治療方法は病気の種類と症状によって、患者一人一人に合ったメニューを組むことがほとんどですが、主な治療方法として三つの柱が挙げられます。まず一つに、病気の発症原因となっているストレスや環境要因を排除し、十分な休息を取って、平穏な生活を送ることが大切です。うつ病患者のほとんどが、職場の人間関係や過労、または身近な人の死などが原因でストレスを感じ、病気を発症しています。まずは、十分な休息を取り、ストレスの原因と離れた生活を送ることで心の平穏を取り戻し治療に備えることが大切です。そのためにも、休学や休職を願い出たり、必要であれば実家に戻ったりするなどして、引越しをすることも時には必要です。二つ目の治療の柱は、抗うつ薬などを使った薬物療法で、心療内科や精神科において治療の中心となっている方法です。薬物療法では、病気の種類や症状によって使用する薬が異なるため、必ず心療内科や精神科の医師の指示に従って処方してもらう必要があります。今や、抗うつ薬の研究が著しく進んでおり、その効果が確認されているものがたくさんあるため、安心して治療することが可能です。三つ目の方法として注目されているのが、物理的な機器などを用いて治療する物理療法で、今、最も研究が進んでいる領域です。脳に微量の電流を流して刺激を与え、脳内のホルモン分泌を正常に促したり、磁気を用いて刺激を与えたりする方法などが挙げられます。まだ、日本では保険適応外である治療法もあり、これから研究が進み、効果が確認されることが期待される治療分野です。うつ病の治療では、これらの三つの柱を軸として、医療スタッフによる十分なカウンセリングを行うことが大切だと言えます。うつ病治療において、抗うつ薬による治療は大変効果的で、今や心療内科や精神科での治療の中心柱となっています。一口に抗うつ薬と言ってもたくさんの種類があり、病気の種類によって使い分ける必要があるため、必ず専門の医師の診断を仰ぐことが大切です。治療で最も重要とされていることは、セロトニンやノルアドレナリンといった、脳内の神経伝達系を正常な分泌状態に戻すことだと言われています。特に、セロトニンが正常に分泌されると幸福感を感じて心穏やかになるとされているため、心の病気の治療において最も重要視されています。これらの神経伝達系に作用する化学物質がいくつか開発されており、大きく分けて五つの種類の抗うつ薬が用いられています。どの患者にどの種類を用いるかは、専門医の判断に委ねられることが多く、体質や症状を診ながら処方されることがほとんどです。基本的に、抗うつ薬には依存性は認められていませんが、副作用があると言われているため、服用には十分な注意を払う必要があります。脳内の特定の神経伝達系に作用する効果がある分、その他の箇所も刺激する可能性があり、これまでにも便秘や頭痛といった副作用が報告されています。服用の際は、必ず医師の指示を守ることが大切で、異変を感じた時は即座に主治医に相談することが大切です。また、服用当初は精神的に不安定になる副作用も報告されており、焦燥感や苛立ちを感じることがありますが、焦らずに医師に相談することが大切です。うつ病治療では問診が中心になされますが、それと共に、抗うつ薬による治療は必要不可欠であると言っても過言ではありません。一早く症状を改善するためにも、専門医の診察を受け、必ず医師の指示を守って治療にあたることが大切です。

Copyright© 2018 うつ病は薬で治療可能!精神科や心療内科を受診しておこう All Rights Reserved.