治療で知っておくこと|うつ病は薬で治療可能!精神科や心療内科を受診しておこう

うつ病は薬で治療可能!精神科や心療内科を受診しておこう

治療で知っておくこと

レディ

治療に関する豆知識

現在はストレス社会といわれていて、うつ病など精神的な疾患にかかる人が増えています。眠れないことに加えて、頭痛がして食欲が出ないなどの人によって症状は様々です。もしうつ病かもしれないと感じたら、精神科や心療内科を受診しましょう。今は街中に精神科や心療内科を標榜するクリニックが増えているので、昔に比べると受診しやすくなっています。しかしまだうつ病に対する偏見はあり、受診をためらう人が少なくありません。治療せずに放っておくと徐々に悪化していくので注意が必要です。病気と診断されたらまずは心の休養が必要です。そして薬を使った治療で症状を和らげていき、少しずつ元の生活へと戻していきます。この病気の特徴として、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返して、少しずつ快方に向かってくるといわれています。そのため、症状が良くならないからといって焦らずに、医師の指示通り薬を使いながらじっくり治療を続けることがとても大切です。ところでうつ病の治療にはどれくらいの費用が必要なのでしょうか。これは治療の継続期間によって変わってきます。病気の治療は保険診療の範囲となるので、病院や薬局での患者負担額は1〜3割となります。しかし、1年・2年と長期の治療になれば、それだけ患者の負担額は大きくなります。もし病気で休職を余儀なくされていると、その負担感はより大きく感じるかもしれません。治療費については、一部の負担金を公費で賄う自立支援医療制度があります。申請は市町村の窓口で行い、この制度を利用すると医療費の自己負担額が減額されます。条件に関しては各市町村の窓口に相談してみると良いです。初めてうつ病にかかってしまうと、一生治らないのではないかと落ち込んでしまう患者が少なくありません。確かに病気の治療には根気がいるかもしれません。しかし、この病気は治療開始直後から改善を期待してしまうと、それが焦りにつながりかえって回復を遅くさせてしまうことがあります。また回復期に入っても、良くなった後に逆戻りすることもあります。うつ病とは一進一退を繰り返す病気であるので、焦らずゆっくりと治療に取り組むという姿勢がとても大切なのです。うつ病では薬を使った治療が一般的です。これらの薬を服用しても最初のうちは効果を感じないことが多いです。何故ならうつ病の薬はすぐには効果が現れず、継続することで徐々に効果を発揮するという特徴があるからです。このような薬の特徴を知っておくことは、治療に対して焦りや不信感を持たないためにはとても重要です。また、服用直後は吐き気やなどの副作用が出ることがあります。しかし、服用を継続していくうちにそのような副作用は徐々に治まっていくといわれています。もし吐き気などの副作用がつらい場合は、医師に相談して吐き気止めなどを処方してもらうと良いでしょう。飲み始めは体に慣らすための期間であるので、どうしても副作用などが起こりがちです。薬剤に関する不安や心配なことがあれば、ためらわずに医師に相談することをおすすめします。うつ病の患者は自分を強く責めるなど自己否定感が強く出る傾向があり、それがかえって負担を重くさせます。治療に専念し十分なこころと脳の休養をとることが、回復につながっていくのです。

Copyright© 2018 うつ病は薬で治療可能!精神科や心療内科を受診しておこう All Rights Reserved.