うつ病なら薬治療が改善の鍵!精神科や心療内科を受診しておこう

医薬品

適切な治療で治る病気

うつ病の治療では、まずは休息が大切だと言われており、薬物、物理療法が用いられることがほとんどです。特に、抗うつ薬の効果が認められていますが、副作用等があるため、必ず心療内科や精神科を受診し、医師の指示を守ることが大切です。

詳しく見る

ハート

精神病の効果的な治療法

脳内部の異常で起こるうつ病に対しては適切な薬を使えば、不安定な状態を治して良い状態に変えられます。治療を受ける病院を選びたい場合は専門医がいる所を選ぶべきで、新しい技術に対応できる所ならば良い形で治せます。

詳しく見る

レディ

治療で知っておくこと

うつ病と診断されたら、心の休息と薬を使った治療が必要です。治療にかかる費用は保険適用となりますが、治療期間によって負担額は異なります。またうつ病は一進一退を繰り返すので、焦らずゆっくり治療を続けることがとても大切なのです。

詳しく見る

タイプによって特徴が違う

男性

ストレス以外の原因

単極性のうつは最も一般的なうつ病であり、意欲が消え失せ、楽しさも感じられなくなる病気です。気分の落ち込みが2週間以上持続するのも特徴で、再発するケースが多いことから、治療も長期化する傾向があります。双極性のうつは心の落ち込みと高揚感が交互に現れるのが特色で、気分が良い時は意欲も高く、休憩を取らずに動き続けることも少なくありません。ただし、度が過ぎれば人が変わったように浪費を始めたり、他人に対して攻撃性をむき出しにしたりするなど、単極性とは明らかに違った側面を持っています。また、うつ病には身体因性もあり、これは甲状腺の病気や糖尿病など、ほかの病気の初期症状や、疾患の影響を受けて現れるタイプです。それに対し、心因性のうつは身内の不幸や、取り返しのつかない失敗をした時など、メンタル的なショックが引き金となって発病します。症状的には単極性のうつと酷似していることから、両者の区別が付けにくいのも一般的です。そして、仮面うつは精神症状が殆ど出ないのが特徴であり、主に身体症状がメインになります。ですから最初は一般内科を受診する場合も多いのですが、実際はうつ病のため、一般内科の薬を飲んでも回復できないのが通例です。身体疾患がまるで仮面のようにうつを隠していることから、その名が付けられています。一方、月経前症候群や産後のうつなど、女性独自のうつ病もあり、月経や出産を起因として、やり所のないイライラ感や落ち込んだ気分に見舞われるのが特色です。何れのタイプも薬物療法などで治せますので、症状が軽いうちに、精神科や心療内科を受診しておきましょう。対人関係のストレスや、自分の限界を超えたオーバーワークは、うつを引き起こす主原因です。ところがそれらとは一切関係なく、服用中の薬が原因でうつ病になる場合も稀にあります。これは薬剤性のうつと呼ばれ、該当薬の服用を中止すれば症状も次第に治りますが、うつ病の原因が治療薬であることに気が付かないケースも少なくありません。例えば、うつ病を引き起こす製剤にはステロイド系があり、関節性のリウマチや花粉症でも処方されます。そのほか、高血圧を治療する降圧剤の一部も、うつ病を併発する可能性が示唆されているのです。また、胃潰瘍の治療に使う胃酸分泌抑制剤でも、うつの発症リスクが伝えられており、原因の一つに挙げられています。そして、腎がんや乳がんで処方される抗がん剤の一部も、同様の可能性が報告されているのです。抗がん剤と並んで発症原因になりやすいのがインターフェロンであり、これはC型肝炎などの患者に処方されます。インターフェロンの場合、服用を中断してもうつが継続しやすいので注意が必要です。しかし、服用剤が原因で生じたうつは、通常のうつとは違った傾向が見られ、気分の落ち込みなど、一般的な症状が伴わない場合もあります。その代わりに幻聴や焦燥感など、通常のうつでは少数派の症状が出たり、ともすればうつの判断基準に達しない症状が現れたりすることもあるのです。もちろんそれらの製薬剤を飲んだからと言って、必ずうつになる訳ではありませんが、もしもうつと思える症状を自覚した時は、精神科医に相談してみてください。

Copyright© 2018 うつ病なら薬治療が改善の鍵!精神科や心療内科を受診しておこう All Rights Reserved.